Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nerima99.blog26.fc2.com/tb.php/662-e04e9c48

トラックバック

コメント

[C969]

卓上醤油瓶というとキッコーマンのものが有名ですが、ヤマサにもあったのですね。ヤマサ醤油はこちらでも売っていますが卓上の瓶は売っていないので初めて見ました。ついでに言うと銚子にはヒゲタ醤油の工場もあります。
  • 2010-05-08 08:26
  • bunzan
  • URL
  • 編集

[C972] Re: タイトルなし

銚子は黒潮と親潮のぶつかる箇所で湿度が高く、利根川の水運の便利さもあり醤油作りがしやすい土地だそうです。ヤマサ・ヒゲタの他に野田にキッコーマンがありますね。ヒゲタも工場見学できるようですが平日のみのようです。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

■ヤマサ醤油工場見学

銚子駅近くのヤマサ醤油工場見学しました。

yamasasa3.jpg

昔の仕込み桶が置いてありました。ここで記念撮影するんでしょうか?工場近辺は醤油のいいにおいがします。


yamasasa2.jpg

待ち時間があったので醤油ソフトクリームを食べました。しょっぱい味かと思いきやコクのある味わいが楽しめおいしかったです。


yamasasa1.jpg

国内現存では最古のディーゼル機関車の「オットー」が展示されていました。1920年頃製造され1969年まで稼動しました。


yamasasa4.jpg

この看板は明治末期にヤマサ醤油の有力特約店に呈上したものです。当時の特約店は店内に大切に掲示していました。ヤマサのロゴは当初「山笠にキ」にすると紀州徳川家の船印と同じだったため、キを横向きにしてサにしたという説があります。右肩にある「上」の字は江戸時代の末期に、江戸幕府から特に品質の優れたしょうゆと認められ「最上醤油」の称号を得た時の証しです。今でも品質の良い製品づくりを忘れないために、上の字をつけ続けています。

稲むらの火」のモデルもヤマサ当主だったのは知りませんでした。勉強なります。


yamasasa5.jpg

工場内部は撮影禁止でしたが、容器に醤油を詰めて梱包するところや、仕込み蔵の大きなタンクは興味深かったです。
工程はこちらを参照ください。

見学記念に醤油さしをもらいました。この形すごい使いやすいです。尻まわりしない形状に感動です。



大きな地図で見る

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ


スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nerima99.blog26.fc2.com/tb.php/662-e04e9c48

トラックバック

コメント

[C969]

卓上醤油瓶というとキッコーマンのものが有名ですが、ヤマサにもあったのですね。ヤマサ醤油はこちらでも売っていますが卓上の瓶は売っていないので初めて見ました。ついでに言うと銚子にはヒゲタ醤油の工場もあります。
  • 2010-05-08 08:26
  • bunzan
  • URL
  • 編集

[C972] Re: タイトルなし

銚子は黒潮と親潮のぶつかる箇所で湿度が高く、利根川の水運の便利さもあり醤油作りがしやすい土地だそうです。ヤマサ・ヒゲタの他に野田にキッコーマンがありますね。ヒゲタも工場見学できるようですが平日のみのようです。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

フリーエリア

ランキングに参加中です。
1日1回クリックお願いします!
更新の励みになります!
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ おきてがみ

カウンタ2

■合計カウント数 ■本日カウント数 ■昨日カウント数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。