Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nerima99.blog26.fc2.com/tb.php/430-5551547c

トラックバック

コメント

[C688]

明けましておめでとうございます。
今年も、フットワークの良い記事を読まさせてくださいね。

昨年訪れたとき、年月が経つと色が濃くなってくるのかもしれませんが、外観の赤煉瓦が、とても薄い色で驚きました。
壊したものを、再現する財力があれば、残すことも可能だったのではと悔やまれます。
  • 2010-01-02 00:05
  • きゃおきゃお
  • URL
  • 編集

[C690]

東京駅や法務省の赤レンガはもっと濃いですからね。
当時のレンガ製法を忠実に再現したようなので建築当時こういう色だったようです。
今後年数経つにつれて味のある色合いになるのでしょうね。

今後も壊れて見れなくなる建物出そうなのでチェックしていきたいです。

[C712]

はじめまして、
先代の建物に関することだけど実は半世紀以上前に重文指定の動きがあったようで、一部の新聞にこのことが取り上げられてたそうですが、結果的には丸ノ内総合改造計画の締めくゝりとして一部の部材を残し、建物本体は解体・撤去という形で先代の建物は終焉を迎えましたけど、一部再建ならぬ完全再建により21世紀のこの一角に復活となったことは嬉しい限りでございます。

[C713] Re: タイトルなし

一部再建ならぬ完全再建ってホントにすごいですよね。21世紀によみがえってホントに良かったです。今後もこういう建物増えると良いですね。
  • 2010-01-15 07:10
  • ねりま99
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

■三菱一号館

2009年4月に竣工した三菱一号館を見てきました。

itigoukana1.jpg

1894年に竣工し、1968年に解体された日本で最初のオフィスビルです。ジョサイア・コンドル設計で、日本人の好きな赤レンガ造ということもあって解体されなければおそらく重要文化財に指定されたのは間違いない建物です。

それを当時の設計図や解体前の写真などを元に極力当時の構造・材質まで可能な限り忠実に再現。使用した赤レンガ230万個は当時に近い製法で生産されたそうです。耐震設計は最新の技術が取り入れられているそうです。美術館として使われるそうですが、絵画など美術品は日光を嫌うので窓の多いこの建物がどのようにするのかちょっと見ものです。


itigoukana2.jpg

エントランス近辺を見ると東京の建物とは思えません。ヨーロッパに来たような錯覚を覚えます。外壁が新しいのがアレですが年月が経てばそれっぽい外観になっていくと思われます。入り口が階段上がったところにあるのも今では考えられませんよね。ちゃんと裏手に車椅子の方でも上がりやすいように作られています。


itigoukana3.jpg

内部は美術館となっているので、展示品の無い廊下や階段は撮影可ということでした。最近の再開発で古い建物の外壁のみ残す「かさぶた建築」(東京銀行協会ビルなど)が何件かありますが、当時の建物を忠実に再現して後世に残す価値のある建築にしようという三菱地所の英断はすごいと思います。


itigoukana4.jpg

itigoukana5.jpg

階段周りも当時の雰囲気をよく残しています。明治にタイムスリップしたような感覚になれます。内部では「一丁倫敦と丸の内スタイル展」が行われていて明治期のオフィスビル計画や三菱一号館の施工方法など非常に興味深い企画が行われています。チラッとみるつもりが2時間近く見入ってしまいました。

明治期に政府の要請で買い手がなくて困っていた丸の内と神田の土地10万余坪を買い取り、現在の丸の内ビジネスセンターのもととなるオフィス街の建設を計画したなんて話やレンガを手作りで作っているビデオなど面白いです。



大きな地図で見る


ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ 


スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nerima99.blog26.fc2.com/tb.php/430-5551547c

トラックバック

コメント

[C688]

明けましておめでとうございます。
今年も、フットワークの良い記事を読まさせてくださいね。

昨年訪れたとき、年月が経つと色が濃くなってくるのかもしれませんが、外観の赤煉瓦が、とても薄い色で驚きました。
壊したものを、再現する財力があれば、残すことも可能だったのではと悔やまれます。
  • 2010-01-02 00:05
  • きゃおきゃお
  • URL
  • 編集

[C690]

東京駅や法務省の赤レンガはもっと濃いですからね。
当時のレンガ製法を忠実に再現したようなので建築当時こういう色だったようです。
今後年数経つにつれて味のある色合いになるのでしょうね。

今後も壊れて見れなくなる建物出そうなのでチェックしていきたいです。

[C712]

はじめまして、
先代の建物に関することだけど実は半世紀以上前に重文指定の動きがあったようで、一部の新聞にこのことが取り上げられてたそうですが、結果的には丸ノ内総合改造計画の締めくゝりとして一部の部材を残し、建物本体は解体・撤去という形で先代の建物は終焉を迎えましたけど、一部再建ならぬ完全再建により21世紀のこの一角に復活となったことは嬉しい限りでございます。

[C713] Re: タイトルなし

一部再建ならぬ完全再建ってホントにすごいですよね。21世紀によみがえってホントに良かったです。今後もこういう建物増えると良いですね。
  • 2010-01-15 07:10
  • ねりま99
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

フリーエリア

ランキングに参加中です。
1日1回クリックお願いします!
更新の励みになります!
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ おきてがみ

カウンタ2

■合計カウント数 ■本日カウント数 ■昨日カウント数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。