Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nerima99.blog26.fc2.com/tb.php/243-b391a3e4

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

■関東三大師~西新井大師

足立区まで仕事で行ったので西新井大師を見てきました。こちらも都内有数のパワースポットだそうです。

nisiarai8002.jpg

商店街は非常に短いです。帝釈天より短いかもしれません。


nisiarai8003.jpg

山門です。江戸後期に作られました。西新井大師は通称で正式には總持寺(そうじじ)といいます。真言宗豊山派の寺院です。空海(弘法大師)が関東巡錫の途中、西新井に立ち寄り悪疫流行になやむ村人たちを救わんと、自ら十一面観音像をつくり天長3年(826年)に寺院を建立したことに始まるとされます。


nisiarai8004.jpg

巨大な本堂です。本堂は昭和41年(1966年)火災により焼亡したが本尊は難を逃れた。本堂は昭和46年(1971年)に再建されました。コンクリート造がちょっと残念ですね。


nisiarai8005.jpg

斜めから見るとまた大きさが見事です。ここでは車のお払いが有名で、直接本堂まで乗り付けることができます。車にシールが貼ってあるのを見たことある方いると思います。

関東三大師といわれていますが厳密にいうと「関東厄除三大師」と「関東の三大師」に別れて
関東厄除三大師は弘法大師を祀る寺院のうち
・西新井大師
・川崎大師
・観福寺大師堂 もしくは 前橋厄除大師

関東の三大師は元三大師を祀る寺院のうち
・佐野厄除け大師
・川越大師
・青柳大師 もしくは 拝島大師・深大寺・寺岡山元三大師
といわれています。混同しやすいのでご注意を。


nisiaraiyy001.jpg

弘法大師立像です。開宗千百年を祈念して諸国巡錫の御影をモデル化しました。


nisiaraiyy002.jpg

三匝堂(さんそうどう)です。江戸時代後期に流行した特異な建築様式の仏堂です。
一度も同じ場所を通らずに1階から3階までの全ての観音像を拝観できるという構造で、その時の参拝者の動線が螺旋状に旋回しているところから、サザエの殻の螺旋に見立てて栄螺堂(さざえどう)という別名があります。「三匝堂」の「三匝」も三回転するという意味です。ここを参れば全国の霊場などを見て回るのと同じ利益があるそうです。 構造に関してはこちらを参照


ブログランキング参加中です。
行ってみたくなった方はポチッ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ   人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nerima99.blog26.fc2.com/tb.php/243-b391a3e4

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

フリーエリア

ランキングに参加中です。
1日1回クリックお願いします!
更新の励みになります!
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ おきてがみ

カウンタ2

■合計カウント数 ■本日カウント数 ■昨日カウント数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。