Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nerima99.blog26.fc2.com/tb.php/158-390cbde4

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

■国立天文台

国立天文台三鷹キャンパスまで来ました。

mitakax110.jpg

元は麻布にありましたが、東京の街明かりで空が明るくなり、観測条件が悪化したこととや敷地が狭かったので大正13年(1924)に現在の三鷹に移転されました。
ここは国の施設なのに予約無しで見学できるのがスゴイです。他の施設だと1ヶ月、長いと2ヶ月前に予約とかよくあります。さっそく受付をすませ内部へ。


mitakax111.jpg

第一赤道儀室です。1921年にカール・ツァイス社により作成されました。写真好きな人には有名な天下のツァイスです。

意外とこじんまりとした作りですが、移転当初からある最も古い建物となっています。外壁の劣化具合や北側のコケの生え具合がいい味出しています。登録有形文化財となっています。


mitakax113.jpg

なんと中に入れます。木製のドームとドームを開閉させる黒ずんだ滑車、レトロなツァイスレンズ。とにかくすごいです。99年までここで太陽黒点の観測や写真撮影が行われていました。10年前まで元気だったのにも驚きです。


mitakax120.jpg

次は大赤道儀室です。「大」が付くだけあって先ほどの第一赤道儀室と比べるとかなり大きいです。口径65cmのツァイス製の屈折望遠鏡があります。屈折式望遠鏡としては東洋最大だそうです。戦時中はレンズを疎開させ、屋根を迷彩色に塗ったそうです。登録有形文化財となっています。



mitakax115.jpg

中はかなり暗いです。写真はかなり補正しています。巨大な木製ドーム部分は、当時、半球面を作る技術が建築業者にはなく船大工や造船所の技師の支援を得て造られた建築になっています。望遠鏡の上げ下げに合わせて床が上下する仕組になっていました。そうすることでどんな角度になっても観測しやすいように工夫されています。


mitakax118.jpg

次はアインシュタイン塔です。正式名は太陽分光写真儀室です。構造は鉄筋コンクリート造、地上5階、地下1階建てです。塔全体が望遠鏡の筒の役割を果たしています。ドイツの太陽望遠鏡「アインシュタイン塔」の姉妹機から通称で呼ばれています。残念ながら中には入れません。
こちらも登録有形文化財となっています。

他にもいくつか見学施設があるのですが、現在改装中のため見学不可でした。残念。
武蔵野の豊かな自然とレトロな研究施設がとてもよかったです。この後調布飛行場や味の素スタジアムに行きたかったのですが、時間の都合で断念。。また今度来ようと心に決めました。


mitakax122.jpg

この後野川沿いの道を走って帰りました。ホントに野川はまったりポタ向きですね。アップダウンも少ない割りに見どころが多いのでこの近辺まで車で来てポタるのもよさそうです。


大きな地図で見る

自転車ポタリング ブログリンク集

クロスバイク ブログリンク集




スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nerima99.blog26.fc2.com/tb.php/158-390cbde4

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

フリーエリア

ランキングに参加中です。
1日1回クリックお願いします!
更新の励みになります!
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ おきてがみ

カウンタ2

■合計カウント数 ■本日カウント数 ■昨日カウント数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。